たるみ毛穴

たるみ毛穴

たるみ毛穴という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
通常の毛穴ではなく、毛穴が縦長にひろがった状態の事を言います。
たるみ毛穴は、乾燥や加齢で、肌がたるんでくるのが原因です。
若い人でも、日々のケアを怠っていたりすると肌年齢が上がりますので、たるみ毛穴になる場合もあります。
たるみ毛穴は、鼻の横の頬で良く見られます。
たるみ毛穴は通常の毛穴より大きく、目立ってしまいます。
毛穴が目立つと、見た目も実年齢より老けて見えますし、お化粧のりも悪くなります。
たるみ毛穴のケアは、水分補給による保湿と皮脂のバランスを取ることです。
肌は年を取るにつれて乾燥していきます。
乾燥すると肌の弾力が失われて、たるみができます。
乾燥を防ぐために水分補給をしなければいけません。
また皮脂は、顔のてかりや、ニキビ、角栓の原因として嫌われますが、皮膚を保護する役割があり、最低限度は必要なのです。
補給した水分を油分で守ることがたるみ毛穴のケアの基本です。
乾燥肌の人が、保湿をせず、油分だけ補ったり、脂性肌の人が、油分を過剰に補ったりするなど、間違ったケアを行っていたのでは、良い効果はなかなか訪れてはくれません。
せっかくのケアを台無しにしないためにも、まずは、自分の肌質を確認してからケアをしましょう。
正しい洗顔と、保湿で、たるみ毛穴を予防しましょう。
また、顔にはいくつもの筋肉があります。
頬の筋肉を意識して、口角をあげて数秒止めたり、口を開けたり、閉じたり、目をぎゅっと閉じたり、大きく開けたりする運動をすると、自然と顔の筋肉が鍛えられ、たるみの予防になります。
毛穴ケアと合わせて行ってみてはいかがでしょうか。